ひなやのごはん

出張料理人ひなです。季節の野菜とやさしいおばんざいをお届けします。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10/4(土)&10/18(土)山田家とゆるり野草盆栽学科

DSC_9035-1280x848_convert_20141001225526.jpg


「子ども原っぱ大学」のイベントでランチを担当させて頂きます。
素敵な庭園で野草盆栽を作って、羽釜で炊いたごはんで作った塩むすびを頬張ってみませんか?
親子でも、大人だけでも参加できます。


以下、HPより転載。

子ども原っぱ大学とは

身近な自然の中で思いっきり遊んだら気づいた大切なこと。

枯れ葉まみれになって、ズボンに穴開けて、泥だらけになって、擦り傷たくさん作って・・・。小さい頃は当たり前だったそんな時間から遠くなっていたな、と最近気づきました。幼稚園に入った長男と最初は「子どものため」と秘密基地を一緒に作ったり、枯れ枝やどんぐりを拾って遊んでいたら、子どもと同じぐらい(もしかしたら子ども以上に!)楽しんでいる自分がいました。小さい頃の感覚がよみがえってくる喜び、日常の凝り固まった頭がほぐれる感じ。五感が総動員されている感覚。傍らでは目を輝かせて遊んでいる我が子。

なんて素敵な時間なんだろう、なんて楽しいんだろう。

「自然」に触れ合うのにどこか遠くの「大自然」までがんばって出向く必要なんてない。僕らの周りにはこんなに素敵な小さな自然が溢れてる。お金をかける必要もない。ちょっとした工夫で、家から遠くない場所で、大人も子どもも最高の時間を全身で味わうことができるんだ。そんなことに気づきました。

そんな、身近な自然との触れ合いを通して全身で感じることは、頭でっかちに机に向かって考える時間よりもたくさんの気付きを僕と長男に与えてくれました(たぶん)。だから、大人も、子どもも関係なく、たくさんの人とそんな体験を共有したい。そんな思いから「子ども原っぱ大学」を立ち上げました。

そんなわけで、「子ども原っぱ大学」には小難しい授業もややこしい校則もありません。ただ、大人も子どもも関係なく、身近な自然で思いっきり遊ぶことで、小さな気付きをそれぞれが得られる、そんな場にしたいと思っています。

子ども原っぱ大学
塚越 暁


お申し込みは
10/4(土)&10/18(土)山田家とゆるり野草盆栽学科 ページ下のフォームからお願いします。


NCM_0039_convert_20141001225859.jpg
NCM_0040_convert_20141001225935.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/10/01(水) 23:00:53|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<長谷の市出店のお知らせ | ホーム | 9月のおばんざいバルひなや>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hinayanogohan.blog116.fc2.com/tb.php/423-9ee0062d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。